Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を

Cisco Systemsが提供するVPNクライアント「Cisco AnyConnect Secure Mobility Client」にコードを実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。

Windows版に含まれるモジュール「VPN Posture(HostScan)」に脆弱性「CVE-2021-1366」が明らかとなったもの。アプリケーションを起動した際、意図しないライブラリファイルを読み込み、任意のコードを実行されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアは「7.8」。脆弱性が含まれるのはWindows版のみで、macOS版やLinux版、iOS版、Android版は影響を受けない。

同社では、脆弱性を修正した「同4.9.05042」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局