Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査

カスペルスキーは、2019年11月から2020年10月までの1年間に、1日あたり平均36万件の悪意あるファイルを検知したことを明らかにした。前年同期と比較して5.2%増加している。

同社製品による脅威の検知状況を取りまとめたもの。1日あたり36万件の悪意あるファイルを検知した。トロイの木馬、ワームの検知数が増加しており、前年同期の34万2000件から5.2%増加したという。

検知した悪意あるファイルのうち89.8%がWindowsの実行ファイル形式だった。前年と比較すると12.8%の増加。Linux向けマルウェアも15.9%増となる一方、Android向けマルウェアは13.7%減少した。

同社製品が検知、ブロックしたネットワーク経由の攻撃は6億6680万件。発信国のIPアドレスは、米国が49.5%で約半数にのぼる。「オランダ(13.4%)」「フランス(7.2%)」と続き、上位10カ国で86.5%を占めた。

スクリプトや実行ファイル、エクスプロイトなど、ウェブトラフィックで検知したユニークな悪意あるオブジェクトは3341万件。前年同期の2461万件から35.8%増加した。悪意のあるユニークなURLは1億7333万件で、前年同期の2億7378万件から63.3%減となっている。

(Security NEXT - 2021/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減