Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査

カスペルスキーは、2019年11月から2020年10月までの1年間に、1日あたり平均36万件の悪意あるファイルを検知したことを明らかにした。前年同期と比較して5.2%増加している。

同社製品による脅威の検知状況を取りまとめたもの。1日あたり36万件の悪意あるファイルを検知した。トロイの木馬、ワームの検知数が増加しており、前年同期の34万2000件から5.2%増加したという。

検知した悪意あるファイルのうち89.8%がWindowsの実行ファイル形式だった。前年と比較すると12.8%の増加。Linux向けマルウェアも15.9%増となる一方、Android向けマルウェアは13.7%減少した。

同社製品が検知、ブロックしたネットワーク経由の攻撃は6億6680万件。発信国のIPアドレスは、米国が49.5%で約半数にのぼる。「オランダ(13.4%)」「フランス(7.2%)」と続き、上位10カ国で86.5%を占めた。

スクリプトや実行ファイル、エクスプロイトなど、ウェブトラフィックで検知したユニークな悪意あるオブジェクトは3341万件。前年同期の2461万件から35.8%増加した。悪意のあるユニークなURLは1億7333万件で、前年同期の2億7378万件から63.3%減となっている。

(Security NEXT - 2021/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減