Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東大総長を装う「なりすましメール」に注意

東京大学は、同大総長を装ったなりすましメールが報告されているとして、注意喚起を行った。

同大によれば、問題のメールは同大の総長になりすました迷惑メールで、企業や個人へ配信されていた。実在しない同大学のものと見せかけたメールアドレスを発信元に設定。メールの本文には同大のURLを偽装したURLなども記載されていた。

学外のサーバから発信していると見られ、同大とは一切関係なく、同大を装うなりすましメールを受信した場合には、添付ファイルやURLを開かずに削除するよう注意を喚起。

なりすましメールについては、情報処理推進機構(IPA)の標的型サイバー攻撃特別相談窓口へ相談するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
主要行、「SPF」の利用進むも約7割が「DMARC」未導入
「Firefox 89」をリリース、9件の脆弱性を修正 - iOS版も更新