Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東大総長を装う「なりすましメール」に注意

東京大学は、同大総長を装ったなりすましメールが報告されているとして、注意喚起を行った。

同大によれば、問題のメールは同大の総長になりすました迷惑メールで、企業や個人へ配信されていた。実在しない同大学のものと見せかけたメールアドレスを発信元に設定。メールの本文には同大のURLを偽装したURLなども記載されていた。

学外のサーバから発信していると見られ、同大とは一切関係なく、同大を装うなりすましメールを受信した場合には、添付ファイルやURLを開かずに削除するよう注意を喚起。

なりすましメールについては、情報処理推進機構(IPA)の標的型サイバー攻撃特別相談窓口へ相談するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
国の行政機関メルマガ、「DMARC」対応1割届かず - 設定不備が4割弱
高知県、職員装うメールに注意喚起 - 拡張子「.xlsm」ファイルを添付
MS、月例パッチを公開 - 「Emotet」「Trickbot」などが悪用したゼロデイ脆弱性を解消
職員用システムに脆弱性、管理者パスワード奪われる - 西宮市
ドレス通販サイトに不正アクセス - クレカやログイン情報流出の可能性
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準