Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市

和歌山県新宮市は、新型コロナウイルス感染症に関する個人情報の一部が外部に流出したことを受け、関係者を処分した。流出の経緯や規模などは明らかにされていない。

同市によれば、新型コロナウイルス感染症に関する個人情報について、2021年に入り、不適切な事務上の取り扱いや不十分な情報管理があり、一部の情報が外部に流出したという。

本誌取材に対し、流出の発生した具体的な経緯や規模については、「自治体の規模が小さく、対象者の特定にいたる可能性がある」ことを理由に公表しない方針を示した。

同市では細心の注意を払って取り扱うべき新型コロナウイルス感染症に関する情報が流出したとし、内部調査で職務上の義務違反および職務怠慢なども明らかになったとして、職員2人を1月27日付けで戒告とする懲戒処分を行った。

(Security NEXT - 2021/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委