Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設

三井住友建設は、個人情報など業務データを保存した外部バックアップシステムよりデータが流出したことを明らかにした。

同社が利用する複数の外部バックアップシステムのうち、1システムにおいてデータの一部が外部よりアクセスを受けていたもの。同社サーバ41台に関するバックアップサーバで、関係者の氏名やメールアドレス、電話番号など個人情報も含まれる。

2020年12月24日に、同社データがインターネット経由で閲覧できる状態になっているとの指摘が外部より寄せられ、システムを停止して調査を行ったところ問題が判明した。サーバのアクセス設定に不備があったもので、ファイルパスがランダムに指定され、データにアクセスが行なわれていたという。

問題判明後、同社では同システムを停止しており、今後セキュリティの見直しや脆弱性、個人情報などの管理について厳格化を図り、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2021/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
ピアノ発表会の申込フォームで個人情報が第三者より閲覧可能に
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大