Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大

京都大学において、教職員や学生が利用するシステムにおいて設定ミスがあり、個人情報やアカウント情報が外部より閲覧可能となっていたことがわかった。

設定ミスが明らかとなったのは、教職員や学生が利用する同大の認証システム。2020年6月上旬から2021年1月4日にかけて、学生2万7861人、教職員1万2890人のあわせて4万0751人分に関する氏名やメールアドレスのほか、IDやハッシュ化されたパスワードなどが、外部より閲覧できる状態だった。

1月4日に職員が業務の過程で不具合に気がついた。2020年6月上旬に同システムの改修を実施したが、その際の設定にミスがあったという。

問題の判明を受けて同大では設定を修正。対象者におけるパスワードの変更作業を進めている。公開されていた情報に対し、外部からアクセスが行なわれた形跡などは確認されていないとしている。

記事更新のお知らせ:取材当時、同大では対象人数を「約4万人」としていましたが、その後詳細な人数が公表されたため、記事に加筆しました

(Security NEXT - 2021/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で