Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市

神奈川県藤沢市は、長久保公園都市緑化植物園のウェブサイトが不正アクセスを受け、意図しない大量のメールが外部に送信されたことを明らかにした。

同市によれば、藤沢市まちづくり協会が運営する長久保公園都市緑化植物園のウェブサイトが不正アクセスを受けたもの。サーバに不正なプログラムがインストールされて踏み台として悪用され、国外に対して約6500件のメールが送信されたという。

1月16日にサーバ事業者より大量のメール送信が行なわれているとの連絡があり、問題が判明。サーバのパスワードを変更し、翌17日に同サイトを閉鎖した。同サイトは、同市公式サイトとは異なる環境で運用されており、個人情報や機密情報は保存されておらず、情報漏洩といった影響については否定している。

同市では、運営元に対して被害状況や原因究明を指示。詳細について調べるとともに、復旧に向けた作業を進めている。

(Security NEXT - 2021/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
衣料通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - ネクスG子会社
出版目録のサイトに不正アクセス、メアドが流出 - 全社協
メールアカウントに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - ビーブレイク
ウェブサイトの問合フォームが改ざん被害 - はくさん信金
美容グッズ通販サイトで顧客情報流出のおそれ - 店舗利用者にも影響
神戸物産にサイバー攻撃、詳細を調査 - システムは2日後に復旧