Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明

「DNSpooq」の脆弱性7件を共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアで比較すると、もっとも高いのはDNSSECを利用している場合に影響を受けるバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-25681」「CVE-2020-25682」。リモートよりコードを実行されるおそれがあり、いずれも「8.1」とされており、他2件の脆弱性については「5.9」とレーティングした。

JSOFは、いずれも影響の範囲は限定的とする一方、キャッシュポイズニングの脆弱性と組み合わせることで、より強力な攻撃が可能になると分析している。

キャッシュポイズニングの脆弱性「CVE-2020-25684」「CVE-2020-25685」「CVE-2020-25686」は、「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると「4.0」とやや低い。しかしながら、今回の脆弱性は「DNSpooq」と名付けられているとおり、影響は小さくないため注意が必要だ。

攻撃手法は、カミンスキー攻撃と似ており、DNSレコードが汚染された場合、参照した機器が悪意のあるサーバに誘導されたり、トラフィックの流れを奪われるおそれがある。

くわえて単独では影響が小さい脆弱性であっても、「CVE-2020-25682」「CVE-2020-25684」「CVE-2020-25686」など、複数の脆弱性を組み合わせることで攻撃が容易になると説明。これら組み合わせにおける「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」と試算した。

(Security NEXT - 2021/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も