Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明

ルータなど組込機器なども含め、広く利用されている「Dnsmasq」に脆弱性「DNSpooq」が明らかとなった。大きな影響を及ぼす可能性もあり、アップデートが呼びかけられている。

「Dnsmasq」は軽量で「DNS」や「DHCP」などが利用でき、組込機器などでも広く利用されているオープンソースのソフトウェア。「同2.82」および以前のバージョンにおいて、キャッシュポイズニングの脆弱性3件やDNSSECを利用している場合にバッファオーバーフローが生じる脆弱性4件が明らかとなったもの。

脆弱性を報告したJSOFは、今回明らかとなったこれら脆弱性をDNSスプーフィングが可能な点やスパイを意味する「spook」などから「DNSpooq」と命名した。

同社は「Dnsmasq」について、Cisco SystemsやAruba、Comcast、Netgear、Red Hat、Siemensのほか、Android端末など、ネットワーク機器や主要Linuxディストリビューションなどで広く利用されていると指摘。

実装の状況によって必ずしも脆弱性の影響を受けるとは限らないが、少なくとも約40社が「Dnsmasq」を採用していると述べた。脆弱性の判明を受けて、CERT/CCやJVNを通じても影響を受けるベンダーリストが公開されている。

(Security NEXT - 2021/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に