Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口

クレジットカードブランド「UCカード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されている。利用状況の確認などを装う手口だった。

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、利用状況の確認を装ったフィッシング攻撃について複数の報告を受けているという。

クレジットカードの利用状況が本人の利用であるか確認してほしいなどとメールでだまし、「アットユーネット」の偽サイトへ誘導。個人情報を詐取するフィッシング攻撃が確認された。

1月15日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

クレジットカードの利用確認を装う手口のフィッシングメールが多発しており、同ブランドに限らず注意が必要な状況となっている。対応しないと利用を制限するなどと不安を煽る文言が記載されていることも多い。

フィッシング対策協議会やセキュリティ専門家などは、正規サービスへアクセスする際、メールに記載されたリンクをクリックせず、公式アプリやあらかじめ登録したブックマークなど用いてアクセスするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大