Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口

クレジットカードブランド「UCカード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されている。利用状況の確認などを装う手口だった。

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、利用状況の確認を装ったフィッシング攻撃について複数の報告を受けているという。

クレジットカードの利用状況が本人の利用であるか確認してほしいなどとメールでだまし、「アットユーネット」の偽サイトへ誘導。個人情報を詐取するフィッシング攻撃が確認された。

1月15日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

クレジットカードの利用確認を装う手口のフィッシングメールが多発しており、同ブランドに限らず注意が必要な状況となっている。対応しないと利用を制限するなどと不安を煽る文言が記載されていることも多い。

フィッシング対策協議会やセキュリティ専門家などは、正規サービスへアクセスする際、メールに記載されたリンクをクリックせず、公式アプリやあらかじめ登録したブックマークなど用いてアクセスするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
「dアカウントがまもなく停止」 - NTTドコモ装うフィッシングに注意
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「長期間パスワードを変更していない」と変更依頼を装うフィッシングに注意
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に