Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市

大阪市では、年末から新年にかけて小学校や区役所、委託先で個人情報の紛失が明らかとなった。

同市によれば、同市小学校では、2020年12月25日に教員が年賀状を作成するため学級名簿の写しを自宅へ持ち帰ったところ、紛失した。

同月29日に同教員が鞄を確認したところ見当たらなかったもので、名簿には、氏名、性別、電話番号、住所など児童に関する34人分の情報が記載されており、保護者64人や兄弟14人の氏名も含まれる。

また生活支援型食事サービスを委託している事業者において、14人の氏名、住所、電話番号が記載された顧客管理表の所在がわからなくなっている。2020年12月30日、食事の配送の際に風に飛ばされて紛失した

(Security NEXT - 2021/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら