Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市

大阪市では、年末から新年にかけて小学校や区役所、委託先で個人情報の紛失が明らかとなった。

同市によれば、同市小学校では、2020年12月25日に教員が年賀状を作成するため学級名簿の写しを自宅へ持ち帰ったところ、紛失した。

同月29日に同教員が鞄を確認したところ見当たらなかったもので、名簿には、氏名、性別、電話番号、住所など児童に関する34人分の情報が記載されており、保護者64人や兄弟14人の氏名も含まれる。

また生活支援型食事サービスを委託している事業者において、14人の氏名、住所、電話番号が記載された顧客管理表の所在がわからなくなっている。2020年12月30日、食事の配送の際に風に飛ばされて紛失した

(Security NEXT - 2021/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を