Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大

新潟国際情報大学は、卒業論文のデータベースに登録されているすべての論文が、本来閲覧できない学外から閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同大によれば、本来ならば学内のネットワークに閲覧が限定される卒業論文の全文データが、2020年8月30日から対策を講じた11月27日まで、学外のネットワークから閲覧できる状態となっていたもの。

卒業論文データベースの外部公開サーバの更新時に、アクセス制御の設定を誤ったことが原因だという。同大では設定を見直し、学内にアクセスを限定しているサーバ経由でのみ閲覧できるよう修正した。

期間中にデータベースよりダウンロードした論文について、同大が管理する著作物にあたるため、許可なく二次配布など行わず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
関西電力に新電力の顧客情報が漏洩 - 経産省が報告求める
アンケートフォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 守口市
フォームで他者情報が閲覧可能に、設定流用で繰り返し発生 - 早稲田大
市立高校で模試の結果データを生徒に誤送信 - 函館市