Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大

新潟国際情報大学は、卒業論文のデータベースに登録されているすべての論文が、本来閲覧できない学外から閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同大によれば、本来ならば学内のネットワークに閲覧が限定される卒業論文の全文データが、2020年8月30日から対策を講じた11月27日まで、学外のネットワークから閲覧できる状態となっていたもの。

卒業論文データベースの外部公開サーバの更新時に、アクセス制御の設定を誤ったことが原因だという。同大では設定を見直し、学内にアクセスを限定しているサーバ経由でのみ閲覧できるよう修正した。

期間中にデータベースよりダウンロードした論文について、同大が管理する著作物にあたるため、許可なく二次配布など行わず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
ピアノ発表会の申込フォームで個人情報が第三者より閲覧可能に
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府