Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大

新潟国際情報大学は、卒業論文のデータベースに登録されているすべての論文が、本来閲覧できない学外から閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同大によれば、本来ならば学内のネットワークに閲覧が限定される卒業論文の全文データが、2020年8月30日から対策を講じた11月27日まで、学外のネットワークから閲覧できる状態となっていたもの。

卒業論文データベースの外部公開サーバの更新時に、アクセス制御の設定を誤ったことが原因だという。同大では設定を見直し、学内にアクセスを限定しているサーバ経由でのみ閲覧できるよう修正した。

期間中にデータベースよりダウンロードした論文について、同大が管理する著作物にあたるため、許可なく二次配布など行わず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県
リユース品配布会の当選者通知メールで送信ミス - 松本市
公共施設利用者の個人情報が流出、検索サイトに表示 - 弘前市
納期遅延の通知メールで送信ミス - ソフト販売会社
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府