Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準

2020年12月のフィッシング報告は過去最多となる3万2171件だった。URLもふたたび6000件台へと増加しており、注意が必要だ。

フィッシング対策協議会が同月のフィッシング攻撃に関する状況を取りまとめたもの。同協議会へ寄せられたフィッシングの報告は3万2171件。はじめて3万件の大台を突破した前月の3万967件からさらに1204件の増加となった。1日あたり1037.8件の報告が寄せられたことになる。

フィッシングサイトに利用されたユニークなURLは、6686件で過去最多となった9月をピークに2カ月連続で減少していたが、ふたたび増加。前月の4543件を1612件上回る6155件となった。1日あたり198.6件のURLが確認されたことになる。

同月に悪用が確認されたブランドは63件で前月から横ばい。これまで同様「Amazon」関連の報告が目立ち、全体の50.0%を占める。また「三井住友カード」「楽天」「アプラス」「MyJCB」をかたるフィッシングも目立ち、これら上位5ブランドで報告数全体の86.0%を占めた。

20210106_ap_001.jpg
フィッシング報告やURL件数の推移(フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2021/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査