Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準

フィッシングに悪用された63ブランドのうち、クレジットや信販系は16ブランド、金融機関系は18ブランドで、特に信販系や地方銀行を装うケースの増加が見られた。「はじめてフィッシングメールを受け取った」との報告も増えているという。

また、ショートメッセージサービス(SMS)を利用したいわゆる「スミッシング」にも引き続き注意が必要だ。宅配業者の不在通知を装った「SMS」の報告も多い。

ログインを促すようなメールやSMSを受信した際は、正規のアプリやブックマークした正規のURLからログインして情報を確認するよう、同協議会ではあらためて注意を喚起した。

また、スミッシングではマルウェアに感染した被害者が送信元となっている可能性もあると指摘し、むやみにSMSへ返信したり電話をかけないよう配慮を求めている。

(Security NEXT - 2021/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加