Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県

奈良県は、新型コロナウイルス感染症軽症者のための宿泊療養施設において、入所している療養者の個人情報含むファイルを誤って第三者へ送信する事故があったことを明らかにした。

同県によれば、12月23日21時ごろ、翌日にパソコン機器の入れ替えを控えていたことから、同施設で勤務する看護師がパソコン内部のデータを一時的に移動させるため、メールで送信しようとしたところ、誤ったメールアドレスに送信したもの。

誤送信したデータには、12月23日時点で入所している療養者71人分の氏名、性別、発症日、入所日、退所日のほか、一部療養者については既往症なども記載されていた。

翌24日に誤送信先へメールで謝罪し、データの削除を依頼。返信がないため、プロバイダーに確認中だという。情報が流出した療養者に対しては、報告と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2020/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市