Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県

奈良県は、新型コロナウイルス感染症軽症者のための宿泊療養施設において、入所している療養者の個人情報含むファイルを誤って第三者へ送信する事故があったことを明らかにした。

同県によれば、12月23日21時ごろ、翌日にパソコン機器の入れ替えを控えていたことから、同施設で勤務する看護師がパソコン内部のデータを一時的に移動させるため、メールで送信しようとしたところ、誤ったメールアドレスに送信したもの。

誤送信したデータには、12月23日時点で入所している療養者71人分の氏名、性別、発症日、入所日、退所日のほか、一部療養者については既往症なども記載されていた。

翌24日に誤送信先へメールで謝罪し、データの削除を依頼。返信がないため、プロバイダーに確認中だという。情報が流出した療養者に対しては、報告と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2020/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省
物件案内メールで顧客のメアド流出 - 飯田グループ会社
元会員向けのメールで誤送信 - 神奈中スポーツデザイン
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大
自転車観光事業でメール誤送信、職員が機能を勘違い - 佐賀県
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
法人向け案内メールで、メールアドレスが流出 - すららネット