Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局

調剤薬局を展開するたんぽぽ薬局は、富山県の高岡店において、患者の個人情報が保存されている可能性があるパソコンの紛失が判明したことを明らかにした。

同社によれば、高岡店において店舗のリフォーム中にパソコン1台を紛失したもの。10月分の調剤報酬請求データに含まれる患者1824人分の個人情報が保存されている可能性があるという。氏名、生年月日、被保険者番号、記号、受診日、受診医療機関、医師名などが含まれる。

問題の端末は11月20日まで業務に使用。同月21日から22日にかけて行われた店舗のリフォーム工事時に委託業者が一時退避したが、再度設置しようとしたところ、見当たらないことに気がついた。リフォームの際に他廃棄物と一緒に誤って処理された可能性があるという。

同社では、個人情報を一時的にパソコンへ保存し、作業後はデータを削除する運用だが、削除したことが検証できず、個人情報が残存する可能性もあることから事態を公表した。監督官庁に対しても報告を実施している。

(Security NEXT - 2020/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
委託先でメール送信ミス、医療機関や薬局のメアド流出 - 大阪府
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
顧客情報含む帳票を紛失、棚ごと誤廃棄か - ウエルシア薬局
顧客情報含むポイントカードの申込書を紛失 - レデイ薬局
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部