Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局

ツルハホールディングス傘下でドラッグストアチェーンを展開する杏林堂薬局は、外部サービスで運用していたオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客情報やクレジットカード情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、「杏林堂オンラインショップ」においてデータベース内の個人情報6882件が流出したり、入力されたクレジットカード情報322件を窃取され、不正に利用された可能性があることがわかったもの。

同サイトは、東芝テックを通じて導入していたジーアールの「オムニECシステム」で運用していたが、9月3日に同じシステムを利用する他事業者においてクレジットカード情報が流出した可能性があることが判明。調査の結果、同社サイトも同様の影響を受けたことが明らかとなった。

3月23日に不正な注文操作によりウェブ上で動作する不正なプログラムを設置され、同月25日よりアクセスが行われていたという。

同サイトの決済アプリケーションを改ざんされたことにより、2021年3月25日から8月19日にかけてクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカードに関する名義、番号、有効期限、セキュリティコードなど322件を窃取された可能性がある。

(Security NEXT - 2021/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出
ベイシア通販サイトで個人情報が流出 - ECサービスの不正アクセスで
手芸用品通販サイトに不正アクセス - 社内ネットワーク経由でサイト改ざん
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
家具やインテリアの通販ショップに不正アクセス