Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市

佐賀県鹿島市は、災害時の避難支援や安否確認で利用する避難行動要支援者台帳の登録者情報が流出したことを明らかにした。

同市では、同台帳登録者に登録内容の変更がないか、毎年確認を依頼しているが、2020年度より導入した台帳管理システムを用いて、登録内容を打ち出した申請書を作成、2020年12月25日に発送したところ、データに誤りがあり、個人情報が流出した。

対象者の電話番号や緊急時連絡先の氏名、続柄、電話番号、かかりつけの医療機関および薬局、利用施設などの個人情報が含まれるが、21人において別人の情報を入力されており、27世帯32人が影響を受けた。

申請を受け取った住民より内容に誤りがあるとの指摘を受け、問題が発覚。同市では対象となる全世帯を訪問し、謝罪するとともに申請書を回収している。

(Security NEXT - 2021/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
顧客情報記載の伝票が所在不明 - イズミヤショッピングセンター
LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀