Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市

佐賀県鹿島市は、災害時の避難支援や安否確認で利用する避難行動要支援者台帳の登録者情報が流出したことを明らかにした。

同市では、同台帳登録者に登録内容の変更がないか、毎年確認を依頼しているが、2020年度より導入した台帳管理システムを用いて、登録内容を打ち出した申請書を作成、2020年12月25日に発送したところ、データに誤りがあり、個人情報が流出した。

対象者の電話番号や緊急時連絡先の氏名、続柄、電話番号、かかりつけの医療機関および薬局、利用施設などの個人情報が含まれるが、21人において別人の情報を入力されており、27世帯32人が影響を受けた。

申請を受け取った住民より内容に誤りがあるとの指摘を受け、問題が発覚。同市では対象となる全世帯を訪問し、謝罪するとともに申請書を回収している。

(Security NEXT - 2021/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都