Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市

佐賀県鹿島市は、災害時の避難支援や安否確認で利用する避難行動要支援者台帳の登録者情報が流出したことを明らかにした。

同市では、同台帳登録者に登録内容の変更がないか、毎年確認を依頼しているが、2020年度より導入した台帳管理システムを用いて、登録内容を打ち出した申請書を作成、2020年12月25日に発送したところ、データに誤りがあり、個人情報が流出した。

対象者の電話番号や緊急時連絡先の氏名、続柄、電話番号、かかりつけの医療機関および薬局、利用施設などの個人情報が含まれるが、21人において別人の情報を入力されており、27世帯32人が影響を受けた。

申請を受け取った住民より内容に誤りがあるとの指摘を受け、問題が発覚。同市では対象となる全世帯を訪問し、謝罪するとともに申請書を回収している。

(Security NEXT - 2021/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市