Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定

イベント管理サービス「Peatix」が不正アクセスを受けた問題で、Peatix Japanは被害を把握した経緯や調査結果を公表した。不正アクセスを行った方法については特定できず、攻撃を受けた経路の遮断により対応したとしている。

同社によると、不正アクセスデータを扱う外部サイトのリストに同社が保有すると見られるデータが追加された形跡を11月9日に確認したことから、今回の問題を把握したという。

これを受けて外部事業者による調査を実施したところ、10月16日から翌17日にかけて、海外IPアドレスを発信元とするアクセスが一部データベースに対して行われており、最大677万件の登録者情報を窃取されたことが11月12日に判明した。

外部に流出した可能性があるのは、氏名、メールアドレス、アカウント表示名、暗号化されたパスワード、アカウント作成国、言語設定、タイムゾーンの7項目。参加履歴や決済情報、アンケートデータの流出は確認されていないとしている。

同社は脆弱性を攻撃したことによるサーバへの不正侵入や、マルウェアによるデータへのアクセスは確認されなかったとし、今回の調査により不正アクセスの具体的な手法の詳細を特定できなかったとしている。

(Security NEXT - 2020/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼