Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公共施設利用者の個人情報が流出、検索サイトに表示 - 弘前市

青森県弘前市の公共施設予約システムに問題があり、施設利用者の個人情報が外部へ流出したことがわかった。

同市によれば、クラウドで運用する公共施設予約システムに登録された情報が外部よりアクセスできる状態となっていたもの。

氏名、住所、電話番号など施設利用者103人分の個人情報が特定の検索サイトにキャッシュとして保存され、閲覧できる状態となっていた。

2015年よりアクセス可能な状態となっており、同市では委託先に連絡し、対策を講じた。検索サイト上のデータもすでに消去されており、現在は個人情報は閲覧できない状態となっているという。

(Security NEXT - 2020/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
インターンシップ受講予定者へのメールで誤送信 - 大阪市