Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府

大阪府は、新型コロナウイルスの濃厚接触者に関する情報を含む表計算ファイルをメールで誤送信するミスが発生したことを明らかにした。

同府によれば、感染症法に基づく疫学調査のため、12月6日に藤井寺保健所より新型コロナウイルス感染症患者が発生した施設に対して濃厚接触者の一覧表について作成を依頼。その際に一覧表作成用のファイルを送信したが、別の施設より提出を受けた濃厚接触者情報を含むファイルを送信するミスがあったという。

施設から返信があり、同保健所の担当者がファイルの内容を確認したところ、別の施設に関する入居者や職員に関する個人情報が含まれていたことに気がついた。

具体的には、施設の入居者および職員37人分の氏名、性別が含まれており、そのうち18人は生年月日も含まれる。他施設より提出を受けたファイルをコピーして一覧表作成用のファイルを用意したが、データが残存していた。

同府では、誤送信先に連絡して経緯を説明し、メールやファイルの削除を依頼。個人情報が流出した施設の入居者と職員に対しても保健所より説明を行い、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付