Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店

顧客管理システムが不正アクセスを受けた保険代理店のライフィは、データベースに保存されていた顧客情報8万8564件が被害に遭った可能性があることを明らかにした。

今回の問題は、同社サイトを通じて顧客情報の管理システムにおける脆弱性を突かれ、データベースが不正アクセスを受けたもの。10月13日に判明し、流出した顧客情報を特定するため、調査を進めていた。

調査の結果、保有する顧客情報が不正アクセスを受けたものの、流出した具体的な情報の特定はできず、攻撃を受けたファイル内に保管されている全顧客情報8万8564件が流出したと結論づけた。

具体的には、同社サイトを通じて保険商品のパンフレットを請求したり、同社スタッフと面談、メール、電話を通じてやり取りした最大8万8111件の顧客に関しては、氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、対応履歴などが記録されていた。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出