Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG

JPAAWG(Japan Anti-Abuse Working Group)は、「スミッシング」にフォーカスしたオンラインイベント「SMSフィッシング対策カンファレンス 2020」を12月15日にオンラインで開催する。

同イベントは、ショートメッセージサービス(SMS)を悪用したフィッシング攻撃の「スミッシング」をテーマとするカンファレンスイベント。被害が増す「スミッシング」は、メールとも対策が異なるため、有識者が集結し、攻撃の現状や有効な対策について議論する。

政府やキャリア関係者が登壇するほか、ニュージーランドにおける取り組みを紹介。また前回の「JPAAWG 3rd General Meeting」に続き、日々フィッシングの動向を追いかけるフィッシングハンターによるパネルディスカッション「フィッシング詐欺についてフィッシングハンターが語らナイト!」も予定されている。

参加費は無料だが、事前にウェブサイトより登録する必要がある。イベントの詳細はウェブサイトから。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
勢い続くフィッシング攻撃 - ユニークURL、1日平均約270件
携帯電話の未払料金請求を装うスミッシング攻撃に注意
フィッシング報告が2割減となるも高水準 - 悪用されたURLは増加
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に