Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正

VMwareの複数製品に未修正の脆弱性「CVE-2020-4006」が見つかった問題で、パッチの提供が開始された。重要度なども見直しされている。

問題の「CVE-2020-4006」は、OSコマンドインジェクションの脆弱性。「VMware Workspace One Access」「同Connector」「VMware Identity Manager(vIDM)」「同Connector」「VMware Cloud Foundation」「vRealize Suite Lifecycle Manager」などが影響を受ける。

同社は米時間11月23日にアドバイザリを公開。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてベーススコアを「9.1」、重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」と評価して注意を喚起。修正プログラムは開発中とし、回避策の実施を呼びかけていた。

同社は、12月3日にアドバイザリを更新。一部で対象プラットフォームを追加するとともに、アップデートの提供を開始した。

アップデートの公開にあわせて脆弱性のCVSS値を「7.2」へと下方修正を行っており、重要度も1段階低い「重要(Important)」へと変更されている。

(Security NEXT - 2020/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で