Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中

VMwareの複数製品が影響を受ける深刻な脆弱性「CVE-2020-4006」が明らかとなった。米時間11月23日の時点でパッチは提供されておらず、一時的な回避策がアナウンスされている。

「VMware Workspace One Access」「同Connector」「VMware Identity Manager(vIDM)」「同Connector」「VMware Cloud Foundation」「vRealize Suite Lifecycle Manager」の6製品において、OSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2020-4006」が判明したもの。

これら製品では、8443番ポートへ接続し、管理設定アカウントのパスワードを持つユーザーであれば、脆弱性を悪用することで、基盤で動作するOSにおいて任意のコマンドを実行することが可能になるという。

製品によって対象となるプラットフォームが異なり、「VMware Workspace One Access」「同Connector」「vIDM」に関してはLinuxのみ影響を受ける。「vIDM Connector」については、「Windows」「Linux」双方に影響があるほか、「VMware Cloud Foundation」「vRealize Suite Lifecycle Manager」については影響を受ける「vIDM」のコンポーネントが含まれる。

同脆弱性は、同社が非公開で報告を受けたもので、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアは「9.1」、脆弱性の重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社では脆弱性を修正するパッチを近日中に公開する予定。利用者に対して一時的な回避策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2020/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正