Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県

山口県は、新型コロナウイルスの宿泊療養施設入所者の個人情報を、誤ったメールアドレスへ送信したことを明らかにした。

同県によれば、11月29日10時半ごろ、新型コロナウイルスの宿泊療養施設の入所者管理シートを、誤ったメールアドレスへ送信したもの。誤送信した入所者管理シートには、療養施設入所者39人の氏名、電話番号、生年月日、性別、年齢、服薬などが記載されていた。

担当職員が、宿泊療養施設で診察を行っている医師にメールで送信する際、メールアドレスの入力を誤ったことで、第三者へ送信されたという。

(Security NEXT - 2020/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
コロナ陽性者向けメールで誤送信、作業ミスで宛先にズレ - 東京都
保育所配信システムで個人情報含む文書を誤送信 - 那珂市
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県