Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県

山口県は、新型コロナウイルスの宿泊療養施設入所者の個人情報を、誤ったメールアドレスへ送信したことを明らかにした。

同県によれば、11月29日10時半ごろ、新型コロナウイルスの宿泊療養施設の入所者管理シートを、誤ったメールアドレスへ送信したもの。誤送信した入所者管理シートには、療養施設入所者39人の氏名、電話番号、生年月日、性別、年齢、服薬などが記載されていた。

担当職員が、宿泊療養施設で診察を行っている医師にメールで送信する際、メールアドレスの入力を誤ったことで、第三者へ送信されたという。

(Security NEXT - 2020/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付