Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人パートナー向けサイトでアカウント情報が流出か - パナソニック関連会社

パナソニックシステムソリューションズジャパンは、法人パートナー向けに提供している会員制サイト「パートナーDIRECT」においてアカウント情報が流出したことを明らかにした。

同サイトでログインに用いるメールアドレスとパスワード約4300件が流出している可能性があるとして、同社は11月17日に同サイトを停止。流出データを確認したところ、約4000件のメールアドレスとパスワードが、同サイトで使用されているものと一致していたことがわかったという。

これを受けて同サイトと同じ環境で提供している複数のサービスについても11月23日に停止した。停止した具体的なサービスについては明らかにしていない。

同社は情報流出の経緯など詳細を引き続き調査し、原因の究明と再発防止策の策定を進めると説明。Security NEXTでは、データの流出を把握した経緯など取材を求めたが同社はコメントを避けた。

流出したパスワードにおいてハッシュ化、ソルトの追加といった対策の有無や、流出情報を用いた不正アクセスの状況についても回答は得られていない。同社は利用者に対しては、他サイトで同じパスワードを使いまわしている場合は変更するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
約5カ月間、海外現地法人や海外支局に不正アクセス - 日経新聞
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会