Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人パートナー向けサイトでアカウント情報が流出か - パナソニック関連会社

パナソニックシステムソリューションズジャパンは、法人パートナー向けに提供している会員制サイト「パートナーDIRECT」においてアカウント情報が流出したことを明らかにした。

同サイトでログインに用いるメールアドレスとパスワード約4300件が流出している可能性があるとして、同社は11月17日に同サイトを停止。流出データを確認したところ、約4000件のメールアドレスとパスワードが、同サイトで使用されているものと一致していたことがわかったという。

これを受けて同サイトと同じ環境で提供している複数のサービスについても11月23日に停止した。停止した具体的なサービスについては明らかにしていない。

同社は情報流出の経緯など詳細を引き続き調査し、原因の究明と再発防止策の策定を進めると説明。Security NEXTでは、データの流出を把握した経緯など取材を求めたが同社はコメントを避けた。

流出したパスワードにおいてハッシュ化、ソルトの追加といった対策の有無や、流出情報を用いた不正アクセスの状況についても回答は得られていない。同社は利用者に対しては、他サイトで同じパスワードを使いまわしている場合は変更するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
個人情報含む業務用スマホが所在不明に - 尼崎市
東海国立大学機構がランサム被害 - ログに総当り攻撃の痕跡
教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市