Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か

LINEは、同社SNS上で意図せず「友だち」へ登録されたり、グループへ招待される問題が発生したことを明らかにした。12万超のユーザーが影響を受けたという。

10月15日17時ごろから11月3日10時ごろにかけて、脆弱性を利用し、利用者の同意なく「友だち」へ追加されたり、LINEグループに招待する迷惑行為が発生したもの。特に11月2日に大量の迷惑行為が行われた。

7768件の「LINEボット」を通じて行われたもので、12万1221件のアカウントが影響を受けた。国別に見ると台湾が8万7197件ともっとも多く、「日本(1万5530件)」「インドネシア(7084件)」が続く。

一部の利用者では、大量のグループ招待により、LINEの利用が困難に陥ったほか、大量のリクエストによって、同社音声アシスタントサービスにおいても障害が発生したという。

音声アシスタントサービス向けに用意された同社が管理する「CLOVA専用アカウント」のバグが悪用された。通常は同意なく自動で「友だち」に追加されたり、グループへ招待されることはなく、LINEアカウントにおける情報漏洩や、アカウントの乗っ取りなどについては否定している。

(Security NEXT - 2020/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響