Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加

「WordPress」向けプラグイン「File Manager」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、10月中旬より脆弱な環境を探索していると見られるアクセスの増加が観測されている。脆弱性に対する攻撃も発生しており、注意が必要だ。

同ソフトウェアは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」にファイルの管理機能を追加するプラグイン。認証なしにファイルを特定ディレクトリにアップロードし、任意のコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2020-25213」が9月に判明している。

警察庁によると、同庁では9月10日、11日に同脆弱性に対するアクセスを観測。さらに10月13日以降、プラグインに関する説明が記載された「ReadMe」ファイルを読み取るアクセスが増加した。動作するプラグインのバージョンについて調査を行っている可能性がある。また件数は少ないものの、実際に脆弱性の悪用を試みるアクセスも見られたという。

同脆弱性に関しては、ゼロデイ攻撃も確認されており、その後国内においても被害報告が行われている

脆弱性へ対処した「同6.9」は、9月にリリースされており、あらためて同庁ではアップデートを呼びかけた。また、同脆弱性が未修正だった場合、すでに攻撃を受けている可能性があるとして、アップデートだけでなく、意図しないファイルの設置や外部との通信などが行われていないか確認するよう求めている。

20201124_np_001.jpg
「File Manager」を対象としたアクセスの推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2020/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド