Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー

情報処理推進機構(IPA)は、制御システムのセキュリティリスク分析について解説するセミナーの入門編を、オンライン形式で開催する。

同機構では、制御システムのセキュリティ確保のためのリスクマネジメント強化手法として注目されているリスクアセスメントのプロセス「リスク特定」「分析」「評価」のなかで、中心的な作業であるリスク分析について解説した「制御システムのセキュリティリスク分析ガイド」を公開している。

同セミナーでは、リスク分析の全体像とともに、同ガイドで紹介している「資産ベースのリスク分析」と「事業被害ベースのリスク分析」の2種類の分析方法について、具体的な実施手順を解説する。

2020年度は従来の集合形式ではなくオンライン形式にて12月16日から2021年1月29日17時まで開催。期間中は約3時間の講義動画をYouTubeで配信し、受講者は繰り返し視聴できる。あわせてメールによる質疑応答を実施する。

定員は100名程度。受講費は無料。申し込みはメールで受け付ける。申し込み締め切りは12月15日12時。締切日前に定員に達した場合、11月30日以降、受け付けを早期終了する場合がある。

(Security NEXT - 2020/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
制御システムのリスク分析を解説するセミナー - IPA
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始