Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明

IntelのCPUにおいて、管理者権限を持たない攻撃者が消費電力から暗号化キーを解析できるサイドチャネル攻撃が明らかとなった。PCはもちろん、クラウドで利用されるサーバなども影響を受けるという。

20201112_pl_001.jpg
「PLATYPUS」のロゴ

グラーツ工科大学やバーミンガム大学、独ヘルムホルツ協会情報セキュリティセンター(CISPA)などの共同研究チームが、消費電力の変動から暗号化キーなどの機密データを抽出するサイドチャネル攻撃を発見したもの。

脆弱性は、暗闇においても電力を感じて獲物を捉えることができ、かわいい見た目と裏腹にオスが毒を持っていることでも知られるカモノハシに見立て、「Power Leakage Attacks: Targeting Your Protected User Secrets」の頭文字も踏まえて「PLATYPUS」と名付けられた。脆弱性として「CVE-2020-8694」「CVE-2020-8695」が採番されている。

従来、消費電力におけるサイドチャネル攻撃には、物理的にアクセスしてオシロスコープなど測定機器による分析が必要と考えられてきたが、今回の研究によって、CPUに用意された機能などを悪用し、機器に感染したマルウェアが管理者権限なしに機密データの解析が可能であることが判明した。

(Security NEXT - 2020/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性