Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ

レストラン運営やホテル、ブライダル関連事業を手がけるひらまつにおいて、端末2台がマルウェアに感染し、顧客とやり取りしたメールが外部に流出したことがわかった。

同社によれば、従業員に貸与したパソコン2台がマルウェア「Emotet」に感染し、なりすましメールが多数送信されるとともに、パソコン内に記録されたメール情報が外部へ流出したもの。

流出したのは、1月6日以降に送受信したメールの情報。同社の通信販売サイトで購入した顧客や、食事券サイトで注文した顧客、および届け先を含む最大2800人の氏名、住所、電話番号、届け先などが含まれる。

同社では対象となる顧客に対し、経緯の説明と謝罪を行っている。また個人情報保護委員会への報告を行った。

(Security NEXT - 2020/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加