Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」

サービス別に見ると、「クラウド」が44%でもっとも多く、「金融」が21%で続く。「金融」のなかでは「PayPal」が最多で、全体では3番目に多い。また、SNSとしては「Facebook」や「WhatsApp」、EC関連では「eBay」「Amazon」「DHL」などが上位10ブランドに入っている。

フィッシング攻撃の傾向を見ると、これまでと同様に、企業ユーザーを標的にしたフィッシングメールは平日に多く、コンシューマー向けのフィッシングメールは週末に送られる傾向が見られた。もっとも悪用されている「Microsoft」の場合、月、火、水曜日にフィッシング攻撃が目立つが、1日あたりもっとも多くのフィッシング攻撃が展開されたのは木曜日だった。

2020年第3四半期におけるフィッシング攻撃のURL数ランキングは以下のとおり。

1位:Microsoft
2位:Facebook
3位:PayPal
4位:eBay
5位:Chase
6位:Amazon
7位:Netflix
8位:WhatsApp
9位:DHL
10位:Google

(Security NEXT - 2020/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加