Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘

無事閉幕した「SECCON 2020」の決勝大会だが、その裏で決勝大会の運営メンバーを一新している。そこには実行委員会における葛藤もあった。

「SECCON」は、セキュリティ業界を盛り上げるため、第一線で活躍するエンジニアが集い、自らも楽しみつつ、ボランティアベースで開催されてきた。

しかし、世界から一流チームが参加する「CTF」ともなると、設問の質など要求も高い。本業に多忙を極めるメンバーも少なくなく、一時大会の開催が危ぶまれる状況もあったという。新型コロナウイルス感染症で緊急事態宣言などが出される以前、2月ごろの話だ。

そこで手を挙げたのが、今回の大会を支えた「CTF WG」のメンバー。これまで築き上げた同大会を続けるべく、忠鉢洋輔氏が名乗りを挙げ、理念に共感した若手なども続いた。さらにこれまでは問題を解く側として参加し、同大会へ思い入れがあるエンジニアなども運営側にまわり、今回の大会を盛り上げた。

トークイベントをはじめ、大会当日の模様は、「SECCON」のYouTubeチャンネルで公開されている。「AMATERAS千」の画面なども動画より楽しむことができる。

(Security NEXT - 2020/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝