Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security

Flatt Securityは、ウェブエンジニアを対象としたeラーニングサービス「Flatt Security Learning Platform」のベータ版を提供開始した。

同サービスは、サーバサイドのウェブサイトを開発するウェブエンジニアを対象としたeラーニングサービス。

セキュアなコーディングに加えて、攻撃者が用いる攻撃手法や、脆弱なコードを修正などを体験などを通じて、脆弱性を発見、修正する技術などを学習できる。

ベータ版では、今後提供予定の正規サービスで必要となる基本料金が無料となるが、受講者ごとに受講料が必要となる。サービスの正式リリースは、2021年4月となる見込み。

(Security NEXT - 2020/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント