Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security

Flatt Securityは、ウェブエンジニアを対象としたeラーニングサービス「Flatt Security Learning Platform」のベータ版を提供開始した。

同サービスは、サーバサイドのウェブサイトを開発するウェブエンジニアを対象としたeラーニングサービス。

セキュアなコーディングに加えて、攻撃者が用いる攻撃手法や、脆弱なコードを修正などを体験などを通じて、脆弱性を発見、修正する技術などを学習できる。

ベータ版では、今後提供予定の正規サービスで必要となる基本料金が無料となるが、受講者ごとに受講料が必要となる。サービスの正式リリースは、2021年4月となる見込み。

(Security NEXT - 2020/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
組織強化トレーニングを提供 - 日立ソリューションズ・クリエイト
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表