Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生

10月の定例パッチで修正されたばかりである「Oracle WebLogic Server」の脆弱性を狙う積極的な攻撃が観測された。システムの権限を奪われるおそれがあり、早急に対策を講じるよう注意が呼びかけられている。

問題の脆弱性は、Oracleが10月20日に公開した定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」にて修正された「CVE-2020-14882」「CVE-2020-14883」。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、それぞれ「9.8」「7.2」とレーティングされている。

リモートよりコードの実行が可能となる「CVE-2020-14882」と、認証をバイパスできる脆弱性「CVE-2020-14883」を組み合わせることで、細工した「HTTP GETリクエスト」により、任意のコードが実行可能となり、システムの権限を取得されるおそれがある。

複数のセキュリティベンダーが10月28日に実証コード(PoC)が公開されていることを確認。SANS Instituteの研究者は、翌29日より積極的な脆弱性の悪用を確認しているという。

国内においてもラックが、TCP 7001番ポートで動作する管理コンソールを標的として脆弱性を探索するアクセスを10月29日より観測している。

脆弱性の悪用は容易で、管理コンソールがインターネットよりアクセスができる状態でパッチが適用されていない場合、すでに侵害を受けている可能性もあると同社は指摘。侵害の有無なども踏まえて調査を行うよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施