Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア

建設用設備器材の製造、販売を手がける三協フロンテアは、社内のパソコンがマルウェアに感染し、同社従業員を装ったなりすましメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、従業員が使用するパソコンがマルウェア「Emotet」に感染したことが9月18日に判明したもの。

パソコンにはマルウェア対策ソフトを導入していたが、マルウェアを検知できず、同社内で36台が感染。感染端末を調べたところ、同社従業員を装ったなりすましメールが送信されていたという。

10月23日の時点でなりすましメールにメールアカウント43件が利用されたことが判明している。

同社従業員名で送信されたメールについて、心当たりのないもの、取引に関係ないもの、過去にやり取りしたものが不自然に再送信されたものなどへ注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を