Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア

建設用設備器材の製造、販売を手がける三協フロンテアは、社内のパソコンがマルウェアに感染し、同社従業員を装ったなりすましメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、従業員が使用するパソコンがマルウェア「Emotet」に感染したことが9月18日に判明したもの。

パソコンにはマルウェア対策ソフトを導入していたが、マルウェアを検知できず、同社内で36台が感染。感染端末を調べたところ、同社従業員を装ったなりすましメールが送信されていたという。

10月23日の時点でなりすましメールにメールアカウント43件が利用されたことが判明している。

同社従業員名で送信されたメールについて、心当たりのないもの、取引に関係ないもの、過去にやり取りしたものが不自然に再送信されたものなどへ注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
「Emotet」感染でアカウント奪われ、大量のメール送信 - 埼大
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
未感染者にも及ぶ「Emotet」被害 - なりすまされ、約10万件のメール
新手の攻撃?と思いきや、被害組織のPPAPシステムが「Emotet」メールも暗号化