Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町

兵庫県播磨町は、介護保険被保険者の個人情報が保存されたUSBメモリが庁舎内で所在がわからなくなっていることを明らかにした。

同町によれば、職員が10月7日9時ごろUSBメモリを使用したが、その後の所在がわからなくなっているもの。指定場所へ返却せず他業務を行っていたところ、見当たらなくなったという。

問題のUSBメモリには、介護保険被保険者46人分の氏名や住所、電話番号、生年月日、年齢、被保険者番号、医療機関名、判定結果などが保存されていた。USBメモリにはパスワードが設定されているという。

同市では、USBメモリを誤って廃棄した可能性が高いと説明。対象となる被保険者には、職員が訪問して事情を説明するとともに、書面で謝罪した。

(Security NEXT - 2020/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町