Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG

JPAAWG(Japan Anti-Abuse Working Group)は、フィッシングやスミッシング、なりすましメールなど幅広いテーマで議論する年次イベント「JPAAWG 3rd General Meeting」を、11月11日と12日にオンラインで開催する。

同団体は、グローバル組織であるM3AAWG(Messaging,Malware and Mobile Anti-Abuse Working Group)の日本リージョンとして2018年に発足。インターネット利用者や事業者に理解を促すための情報提供や注意喚起を行っている。

同イベントでは、フィッシングやスミッシング、なりすましメール、ドメインハイジャックなど幅広いテーマについて、専門家や実際に被害に遭った企業などが登壇。コインチェックによるドメインハイジャックのインシデント対応をはじめ、脅威インテリジェンスの最新状況や、ビジネスメール詐欺(BEC)への対策、フィッシングの動向をリサーチする「フィッシングハンター」による講演などを予定している。

また、グローバルにおける送信ドメイン認証技術「DMARC」の動向いついてM3AAWGが紹介するほか、導入事例をもととした講演や、DMARCが国内で普及が進まない理由や解決策などを議論するラウンドテーブルなども予定している。

参加費は無料で事前登録制。第20回迷惑メールカンファレンスについても併催される。詳細や参加登録はイベント案内ページから。

(Security NEXT - 2020/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開