Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー

防犯カメラメーカーの新鋭は、従業員のパソコンがマルウェアに感染し、顧客や取引先のメールアドレスなどが流出し、なりすましメールが配信されていることを明らかにした。

同社によれば、10月14日に同社を装った不審メールが複数配信されていることを確認。調査を行ったところ、メールの添付ファイルから同社従業員が使用するパソコン1台がマルウェア「Emotet」に感染していたことが判明した。感染の原因となったメールは、「Emotet」に感染した取引先のなりすましメールだったという。

また「Emotet」への感染により、同端末でメールのやり取りを行った顧客や、取引先のメールアドレス、メールの本文などが外部に流出した。他端末における感染は確認されていないとしている。

同社では、サーバなどのログインパスワードを変更し、外部へのアクセスについて監視を強化。過去のメールの件名などを利用した同社関係者のなりすましメールに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - マルハニチロ
トレンドマイクロをかたる偽メールに注意 - Emotetを添付
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
活動再開のEmotet、2月以前に窃取したメール情報を悪用するケースも
5カ月ぶりに「Emotet」が活動再開 - 感染拡大に警戒を