Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー

防犯カメラメーカーの新鋭は、従業員のパソコンがマルウェアに感染し、顧客や取引先のメールアドレスなどが流出し、なりすましメールが配信されていることを明らかにした。

同社によれば、10月14日に同社を装った不審メールが複数配信されていることを確認。調査を行ったところ、メールの添付ファイルから同社従業員が使用するパソコン1台がマルウェア「Emotet」に感染していたことが判明した。感染の原因となったメールは、「Emotet」に感染した取引先のなりすましメールだったという。

また「Emotet」への感染により、同端末でメールのやり取りを行った顧客や、取引先のメールアドレス、メールの本文などが外部に流出した。他端末における感染は確認されていないとしている。

同社では、サーバなどのログインパスワードを変更し、外部へのアクセスについて監視を強化。過去のメールの件名などを利用した同社関係者のなりすましメールに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未感染者にも及ぶ「Emotet」被害 - なりすまされ、約10万件のメール
新手の攻撃?と思いきや、被害組織のPPAPシステムが「Emotet」メールも暗号化
開くだけで感染、「Emotet」新手口 - 「アイコン偽装」でさらに拡張子を隠蔽
「Emotet」にあらたな感染手口 - マクロ無効でも感染
「Emotet」相談、前月の約7倍に - 自然な日本語と具体的な指示で信用させる文面も
「Emotet」に感染、診療業務には影響なし - 那須南病院
「Emotet」感染で従業員を装ったメール送信 - マクロミル
「Emotet」感染で職員装うメール - 日本気象協会
「Emotet」による「なりすましメール」、2020年ピークの5倍以上に
「Emotet」感染で従業員装うメール - 三井住友オートサービス