Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー

防犯カメラメーカーの新鋭は、従業員のパソコンがマルウェアに感染し、顧客や取引先のメールアドレスなどが流出し、なりすましメールが配信されていることを明らかにした。

同社によれば、10月14日に同社を装った不審メールが複数配信されていることを確認。調査を行ったところ、メールの添付ファイルから同社従業員が使用するパソコン1台がマルウェア「Emotet」に感染していたことが判明した。感染の原因となったメールは、「Emotet」に感染した取引先のなりすましメールだったという。

また「Emotet」への感染により、同端末でメールのやり取りを行った顧客や、取引先のメールアドレス、メールの本文などが外部に流出した。他端末における感染は確認されていないとしている。

同社では、サーバなどのログインパスワードを変更し、外部へのアクセスについて監視を強化。過去のメールの件名などを利用した同社関係者のなりすましメールに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」