Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大

室蘭工業大学は、パソコンが「Emotet」と見られるマルウェアに感染し、大量のなりすましメールが送信されたことを明らかにした。

同大によれば、4月15日から6月4日にかけて教職員3人が利用していたパソコンが「Emotet」と見られるマルウェアに感染。同大メールアカウントの認証情報を窃取され、同大サーバより意図しない大量のスパムメールが断続的に送信されたもの。

4月15日から同月24日にかけて約5300件、4月28日から5月8日にかけて約1600件、6月4日に約1400件が送信されており、あわせて約8300件にのぼる。情報流出の被害については調査中だという。

同大では感染したパソコンをネットワークから遮断し、マルウェアの駆除を実施。ユーザーの認証情報を変更した。同大メールアカウントより届いた不審なメールについては、添付ファイルやURLを開かないよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市