Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信

11月上旬より「Emotet」の感染活動が再開している。感染を狙ったメールが国内外で大規模に展開されており、1日あたり少なくとも約十万件が送信されたという。

Proofpointによると、現地時間11月2日より「Emotet」の感染を狙ったメール配信による感染活動を観測している。同社が「TA542」として追跡するグループが関与しており、同日以降、週末を除いてほぼ毎日攻撃メールを送信していた。同社がブロックしたメールだけでも1日あたり約十数万件にのぼるという。

日本はもちろん、欧米、南米など多数の地域を対象としており、メールの本文や件名、ファイル名などは、受信地域にあわせた言語を用いている。従来攻撃対象とされていなかった言語の追加も確認された。

「Emotet」は感染端末よりメールを窃取し、過去に行われたメールのやり取りに乗じたメールを送信することでも知られ、今回の攻撃も最後に観測された7月の攻撃キャンペーンと手法は類似している。

今回のケースでは「Excelファイル」を悪用。パスワードを設定されたzipファイルとして送りつけるケースも確認されている。11月15日に攻撃は一時停止したが、近く再開されると同社では見ている。

(Security NEXT - 2022/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性