Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信

11月上旬より「Emotet」の感染活動が再開している。感染を狙ったメールが国内外で大規模に展開されており、1日あたり少なくとも約十万件が送信されたという。

Proofpointによると、現地時間11月2日より「Emotet」の感染を狙ったメール配信による感染活動を観測している。同社が「TA542」として追跡するグループが関与しており、同日以降、週末を除いてほぼ毎日攻撃メールを送信していた。同社がブロックしたメールだけでも1日あたり約十数万件にのぼるという。

日本はもちろん、欧米、南米など多数の地域を対象としており、メールの本文や件名、ファイル名などは、受信地域にあわせた言語を用いている。従来攻撃対象とされていなかった言語の追加も確認された。

「Emotet」は感染端末よりメールを窃取し、過去に行われたメールのやり取りに乗じたメールを送信することでも知られ、今回の攻撃も最後に観測された7月の攻撃キャンペーンと手法は類似している。

今回のケースでは「Excelファイル」を悪用。パスワードを設定されたzipファイルとして送りつけるケースも確認されている。11月15日に攻撃は一時停止したが、近く再開されると同社では見ている。

(Security NEXT - 2022/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース