Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも

「Microsoft Support Diagnostic Tool(MSDT)」に明らかとなった脆弱性「CVE-2022-30190」を悪用する攻撃が複数確認されている。

同脆弱性は、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性。別名「Follina」としても知られている。VirusTotalにアップロードされたファイルより見つかったもので、マイクロソフトでは5月30日にセキュリティアドバイザリを公表。6月9日時点で修正パッチは公開されておらず、緩和策の実施が呼びかけられている。

Proofpointによれば、すでに複数の攻撃キャンペーンで同脆弱性の悪用を確認しているという。

件数は10件未満と少ないものの、国家の関与も疑われるヨーロッパの政府や米国の地方行政府を標的とする攻撃を観測。「リッチテキスト形式ファイル(RTF)」を用いて脆弱性の悪用を試みるもので、仮想化の状態を確認した上で端末内部を偵察し、ブラウザやメールクライアント、ファイルサービスから情報を盗み、外部へデータを送信することが目的だった。

また中国政府の関与が疑われる攻撃グループ「TA413」が関わったと見られるキャンペーンでは、チベット亡命政権に関連すると見せかけたドメインなどを用い、攻撃を展開していた。

(Security NEXT - 2022/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市