Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

和歌山県、県民プール装うメールに注意喚起 - 以前のEmotet感染と関連は不明

和歌山県は、「秋葉山公園県民水泳場」を装った「なりすましメール」が確認されたとして、注意喚起を行っている。同水泳場では1月にマルウェア「Emotet」の感染が発生しているが、関連はわかっていない。

11月2日から3日にかけて、送信元を「秋葉山公園県民水泳場」と装った「なりすましメール」が、複数のメールアドレスより送信されていることが判明したもの。いずれもzipファイルを添付しており、本文にパスワードを記載していた。

同県によれば、同施設管理事務所職員の携帯端末や、最近利用していない同施設関連のメールアドレス、取り引きがある事業者、同施設の利用者などにおいて、あわせて7件の受信を確認した。

受信者のいずれもファイルを開いておらず、感染被害などは出ていないが、zipファイルの中身は未確認であるとし、ファイルを開いた際の具体的な影響については11月7日の時点でわかっていないという。

同水泳場では、1月に管理事務所にある端末が「Emotet」へ感染。端末上でやり取りしたメール最大約2000件が外部に流出した可能性があることが判明しているが、今回の「なりすましメール」との関連性などは不明。

(Security NEXT - 2022/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ