Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か

厚岸漁業協同組合は、直売店の「なりすましメール」が確認されているとして、注意を呼びかけた。

同店によれば、11月4日に同店を装って第三者より「なりすましメール」が配信されていることを確認したもの。

同店では、顧客からの連絡で6月にマルウェア「Emotet」の感染被害が判明。端末内部に保存されていた顧客の個人情報を含むメールデータが流出した可能性があることが明らかとなったが、今回なりすましメールが送信された原因となっている可能性が高いという。

メールデータをあらたに窃取された形跡については確認されていない。

同店を差出人として名乗り、ExcelやZip形式のファイルを添付した「なりすましメール」に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道