Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か

SonicWallのセキュリティアプライアンス製品に深刻な脆弱性が明らかとなった。問題の脆弱性は外部へ公開されるVPNポータルに存在しており、早急な対応が求められる。

20201019_sw_002.jpg
脆弱性の概要(表:SonicWall)

同社製品に搭載されているOS「SonicOS」のHTTPコンポーネントに、脆弱性「CVE-2020-5135」が明らかとなったもの。細工したHTTPリクエストにより、スタックベースのバッファオーバーフローが生じるおそれがある。

インターネット上へ公開されている「SSL VPN」のポータルや製品の管理画面に対して、認証なしに脆弱性を攻撃することが可能。脆弱性を悪用されるとサービス拒否が生じるほか、リモートよりコードを実行される可能性もあるという。

Tripwireの研究者が発見したもので、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「9.4」で、重要度はもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。Tripwireが影響を受けるホストについて、脆弱性検索サイトの「Shodan」で検索したところ79万5357件が見つかったという。

(Security NEXT - 2020/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ