Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都

東京都は、都営住宅居住者の個人情報含む通知書を取り違えて封入し、誤った宛先に郵送したことを明らかにした。

都によれば、10月2日13時ごろ、西部住宅建設事務所の担当者が、都営住宅建替事業による移転先住宅の保証金納入通知書2通を取り違えて封入し、それぞれ誤った宛先に郵送したもの。

誤送付した通知書には、都営住宅居住者2世帯2人分の氏名、住所、移転先住宅の保証金額、現住宅の保証金納入済額などが記載されていた。

同月5日、誤送付先から連絡があり判明。同日中に対象となる居住者宅を訪問して謝罪し、書類を回収している。

(Security NEXT - 2020/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
郵送チケットに宛名と別人の氏名など記載 - アパレル会社
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県
人権救済申立の勧告書に実名、マスキング漏れで - 大阪弁護士会
リユース品配布会の当選者通知メールで送信ミス - 松本市
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者