Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都

東京都は、都営住宅居住者の個人情報含む通知書を取り違えて封入し、誤った宛先に郵送したことを明らかにした。

都によれば、10月2日13時ごろ、西部住宅建設事務所の担当者が、都営住宅建替事業による移転先住宅の保証金納入通知書2通を取り違えて封入し、それぞれ誤った宛先に郵送したもの。

誤送付した通知書には、都営住宅居住者2世帯2人分の氏名、住所、移転先住宅の保証金額、現住宅の保証金納入済額などが記載されていた。

同月5日、誤送付先から連絡があり判明。同日中に対象となる居住者宅を訪問して謝罪し、書類を回収している。

(Security NEXT - 2020/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所
新商品案内でメールアドレスが流出 - マスクメーカー
児童館閉館知らせるメールで誤送信 - 来館対応重なり複数確認できず