Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都

東京都は、都営住宅居住者の個人情報含む通知書を取り違えて封入し、誤った宛先に郵送したことを明らかにした。

都によれば、10月2日13時ごろ、西部住宅建設事務所の担当者が、都営住宅建替事業による移転先住宅の保証金納入通知書2通を取り違えて封入し、それぞれ誤った宛先に郵送したもの。

誤送付した通知書には、都営住宅居住者2世帯2人分の氏名、住所、移転先住宅の保証金額、現住宅の保証金納入済額などが記載されていた。

同月5日、誤送付先から連絡があり判明。同日中に対象となる居住者宅を訪問して謝罪し、書類を回収している。

(Security NEXT - 2020/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
メルマガ本文に別人の個人情報を誤記載 - 名鉄観光バス
採用合格通知1件を誤って17人に送信、別人に送るミスも - Osaka Metro
他人領収証を誤送付、寄付急増によるフロー変更でトラブル - 国連UNHCR協会
セミナー案内メール誤送信で関係者のメアド流出 - 積水ホームテクノ
都の医療機器産業参入支援事業でメアドが流出 - システムの不具合で
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
実証事業でメール送信ミス、参加会員のメアド流出 - 野村不動産
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村