Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を

「Netlogon Remoteプロトコル(MS-NRPC)」の実装において、別名「Zerologon」と呼ばれる脆弱性「CVE-2020-1472」が明らかとなった問題で、脆弱性の悪用が確認された。米政府やマイクロソフトでは悪用を確認しており、セキュリティ機関なども警戒を強めている。

同脆弱性は、「MS-NRPC」の実装に起因する脆弱性。使用する暗号化認証スキームの欠陥により認証のバイパスが可能となる。マイクロソフトでは、8月の月例セキュリティ更新で脆弱性を修正。同プロトコルを実装する「Samba」への影響なども明らかとなっている。

マイクロソフトは、同脆弱性が攻撃へ活用されていることを確認しており、同脆弱性のエクスプロイトを利用する攻撃者を追跡していると報告。あらためてアップデートの実施を強く求めた。

米国土安全保障省のサイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)においても、これまでに悪用コードの公開を確認していたが、9月24日の時点で積極的に脆弱性を悪用する動きを認識しており、パッチが未適用のドメインコントローラを検出するためのスクリプトを公開し、ただちにすべてのドメインコントローラへパッチを適用するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MS月例パッチが公開、脆弱性120件を修正 - すでに悪用も