Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチが公開、脆弱性120件を修正 - すでに悪用も

マイクロソフトは、8月の月例セキュリティ更新を公開し、CVEベースで120件の脆弱性を修正した。一部脆弱性はすでにゼロデイ攻撃が確認されているという。

20200812_ms_001.jpg
マイクロソフトによるリリースノート(一部)

今回のアップデートは「Windows」や同社ブラウザ「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「ChakraCore」「Office」「Microsoftスクリプトエンジン」などの脆弱性に対処したもの。

「SQL Server」「Microsoft Jetデータベースエンジン」「.NET Framework」「ASP.NET Core」「Microsoft Windows Codecs Library」「Microsoft Dynamics」などの脆弱性についても修正を実施した。

最大深刻度については、4段階中もっとも高い「緊急」とされる脆弱性が17件。次いで2番目に高い「重要」とレーティングされた脆弱性が103件にのぼっている。

脆弱性によって影響は異なるが、33件の脆弱性に関しては、リモートよりコードを実行されるおそれがあるという。また「サービス拒否」「権限の昇格」「情報漏洩」「なりすまし」といった問題へ対処した。

(Security NEXT - 2020/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ