Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに

ゆうちょ銀行が提供するプリペイド機能も備えたVisaデビットカード「mijicaカード」において不正送金被害が発生していたことがわかった。

8月から9月にかけて、「mijicaカード」に用意されたカード間の送金機能「おくってmijica」が悪用され、不正送金の被害が発生していたことが明らかとなったもの。

「おくってmijica」は、会員サイト「mijica WEB」やスマホアプリから送金できる機能。今回のケースでは、会員サイトより不正な送金指示が行われ、8月8日に4人、9月6日に7人、9月15日に43人と3回にわたり不正なカード利用者3人のカードに対して送金が行われた。被害額はあわせて332万2000円にのぼるという。

身に覚えのないメールの宛先変更通知や取り引きが行われたとする利用者から申し出があり、同社では被害を把握。3回とも不正送金が行われた翌日に送金先となった「mijicaカード」を停止したという。

(Security NEXT - 2020/09/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「mijicaカード」不正送金、被害者のいずれも不正ログイン被害か
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
「ドコモ口座」被害は66件、約1821万円 - 全額補償の方針
「ドコモ口座」経由で金融機関口座から不正引出 - 約1000万円の被害
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開